Vision企業理念

世界の視点で日本の”らしさ”を際立たせ、
地元の”誇り”と”自信”を高める。

Positioning私たちの立ち位置はブランディング × ビジネスです。

Brand × Business クールジャパン インバウンド観光 海外現地で日本のファンをユーザーに持つ海外法人会員*とのパートナーシップで国内法人会員のブランド認知とビジネス機会を増やす。 * 海外の売り手:バイヤー、エージェント、メディア、現地旅行会社等 新規事業 「記憶に残す」「分かりやすく伝える」「魅力的に伝える」ためにブランド構造を再設計し、情報伝達の仕組みを設計する。

Mission私たちが目指すこと

海外需要発掘・販路開拓および訪日外国人誘客とブランディングを同時に進める、
“なくてはならないインフラサービス”を提供する。

Messageメッセージ

世界目線で”日本らしさ”をブランディング。
出口につなげる日本ブランドのプラットフォームづくりを。

ブランディングにこだわり続けたい。

「ブランディング」というアプローチに出会ったのは前職インターブランドでした。ブランディングは目に見える物質的なものだけでなく、目に見えない評価・評判を価値としてとらえます。そしてその価値をどのように生み出し、運営していくのか?を脳が汗をかくほど本気で考えに考え探求していきました。皆さんに感動していただき、手にしたい・行ってみたいと思っていただける源泉のブランディング。私はこのブランディングのアプローチを生涯を通して広めていきたいと思っています。

海外目線で日本のものづくり・食・伝統・文化・観光の価値を再評価したい。

そんな中、私がブランディングの対象に選んだのが「日本」です。17歳で初めてアメリカを経験してから25年以上。国内外を行き来する生活スタイルの中から得た日本らしさへの感動、誇り、喜びはたまらなく刺激的でした。自分たちが生まれ育った地域ってすごい・・・感謝でいっぱいでした。しかし、なかなか日本だけの視点ではその感動は十分に得ることができませんでした。そこで、海外目線で日本の価値を再評価したい、そして地元の誇りと自信を高めていく事業をやりたいと思い続けながら今に至っています。

私たちの挑戦を続ける中で一人一人が人として成長していく。

2008年に創業し、2010年に日本の価値を海外視点で再評価する事業を考え始めて数年が経ちます。企画書上では分からなかった壁や日本ブランドの海外需要を発掘し海外販路を開拓していくための課題に今もぶつかりながら挑戦しています。いつかなくなることを期待している自分がいましたが、最近はこの課題に挑戦し続けることがとても重要なことだと思えるようになりました。

スタッフと一緒に世界目線で”日本らしさ”をブランディングし、出口につなげる日本ブランドのプラットフォームづくりの壁や課題に挑戦していきながら一人一人が成長していく会社を目指していきたいと思っています。

  • 澤田且成(さわだ かつなり)
  • アイディーテンジャパン株式会社
  • 代表取締役社長 CEO
  • ブランディングディレクター

id10 japan - Taking on 6 challengesアイディーテンジャパンが勝負する6つのチャレンジ

01
海外需要発掘・販路開拓および訪日外国人誘客を目指す黒子的ポジションの事業を生み出し軌道に乗せる。
02
事業者の事業規模に関係なく海外消費者をつなげるインフラサービスを生み出す。
03
地域、生産者、商品、サービスのブランディングを同時に実行する企画を考え抜く。
04
日本の固有の価値観にもとづく魅力再発見から、ものづくり・食・伝統・文化・観光の海外需要開拓につなげる。
05
観光立国を目指す日本のブランディングおよびリピート訪日需要をつくる一社としてサービスをつくる。
06
地方創生の一助を担う人材育成や地方の経済的還元に直結するサービスをつくる。

お問い合わせ

page top