“コレクト(Collect)“出展決定のお知らせ イギリス・ロンドンのサーチギャラリーで開催される国際現代アート作品フェア

地域コンテンツのブランディングPRと海外小売への卸直販サービス「JAPANPAGE」を運営するアイディーテンジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:澤田且成)は、2018年2月にイギリス・ロンドンのサーチギャラリーで開催される国際現代アート作品フェア(The International art fair for contemporary objects)「コレクト(Collect)」の出展ギャラリーに出展することを決定いたしました。

collect2018

このコレクト(Collect)はイギリス・工芸委員会(Craft Council)によって運営され、国際的に活動するギャラリーによって厳選されたアート作品を鑑賞し、購買できる機会を提供することを目的に開催される展示会です。「工芸とは何か?」「工芸は何ができるのか?」の認識変革に挑戦し、現代アートとデザインという分野において、伝統の限界を超える新しい作品を紹介しています。出展対象は、類のない技術と知的厳格さを持つ現代アートで、陶磁器・金工品・木工品・織物・宝飾品などがその品目です。世界では、日本工芸への関心が高まっていることもあり、収集への情熱やデザインへの関心、そして力強いものづくりの内面性が注目されています

また、出展ギャラリーはセレクション委員会が厳選し最終決定されました。今回、コレクトへの日本からの出展はJAPANPAGEのみとなっています。JAPANPAGEの選定は同プロジェクトが掲げる「卓越した技術、驚嘆する手法」のコンセプトとコレクトの基準に基づき、日本を代表する伝統工芸品の技術・技法を生かした現代アート作品を対象に行われ、全国6事業者が選ばれました。

【Collect 2018について】
期間:2018年2月22日〜25日
場所:サーチギャラリー(Saatchi Gallery)
住所:Duke of York’s HQ, King’s Rd,  Chelsea, London, SW3 4RY
出展数:33ギャラリー
http://www.craftscouncil.org.uk/what-we-do/collect/
http://www.craftscouncil.org.uk/organisations/craftmeet-japanpage/

collect2018

【Collect 2017の実施状況(参考)】
来場者:14,000人
会期中の商談成立額:1,500,000ポンド(約2億2500万円)

【JAPANPAGE出展事業者および代表的な出展作品】※あいうえお順
作家名 / 技法 / 商品名
・立野敏昭(伝統工芸士)/ 輪島塗・玉虫の羽蒔絵 / 宝石箱
・坂本彰彦(伝統工芸士) / 津軽塗 / 津軽塗菓子箱
・玉川宣夫(人間国宝)/玉川堂 燕鎚起銅器 / 木目金 花瓶
・中川周士 / 京指物・木桶 / 寄木トレイ
・宮川香斎 / 京焼真葛焼 / ワラ灰釉 口八角下蕪型花入
・森大雅 / 備前焼 / イガイガドン

JAPANPAGEcraftmeet

 

 

 

 

お問い合わせ

page top